第39回全国大会 2015年9月17日(木)18日(金) 東京・ドイツ日本研究所

主催:日本リスクマネジメント学会、ドイツ日本研究所

後援:ソーシャル・リスクマネジメント学会、関西大学 社会安全学部

日本リスクマネジメント学会 第39回全国大会

「リジコポリティクの100年 -リスク・パラドックス-」

1920年代にドイツ企業がリジコポリティク(危険政策)を展開するのに影響を与えたライトナーの著作Die Unternehmungsrisiken (『企業リスク論』が1915年に出版されてから,今年で100年となりました。リスクマネジメント研究と実践にとって記念すべき年に、ドイツ日本研究所(DIJ)と日本リスクマネジメント学会は、共同シンポジウム(第39回全国大会)を開催します。

日本リスクマネジメント学会会員による研究報告に加えて、日産自動車によるリスクマネジメントの実践についての講演(初日15:50)、1915年のライトナーによる著作に関するDIJ所長による講演(2日目10:00)、ドイツ企業TuV-Sudによるリスクマネジメントの実践についての講演(2日目11:00)、リスク・ガバナンス研究で世界的に高名なレン教授のビデオ講演とインターネットを通じたディスカッション参加(2日目14:30)などの内容を盛り込む予定です。

場所は上智大学のそばにあるドイツ日本研究所です。

http://www.dijtokyo.org/

日 時:2015年9月17日(木)13時30分~16時30分・9月18日(金)10時~16時

場 所:DIJ ドイツ日本研究所 100-0094 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智紀尾井坂ビル2F

参加費:2,000円 *お振込み先:郵便振替口座「00980-1-66814 日本リスクマネジメント学会 事務局・部会」

プログラム

2015年9月17日(木)

13:30 -15:40 自由論題 研究報告(報告15分 質疑応答5分)

「地区防災計画とBCP」石井洋之(静岡大学)

「ワインビジネスにおけるリスクとチャンス」石橋満(関西大学)

「観光とリスクマネジメント」石井至(石井兄弟社)

「中小企業の事業承継と廃業」津島晃一(嘉悦大学)

「日本の健康政策における健康リスクの倫理的問題 先制医療を例に」Miki Aoyama (DIJ)

“Autonomy and deviation from value norms as predictors of well-being in Japan, Germany and the US” Tobias Soeldner(DIJ)

休憩

15:50-16:30       特別講演 「日産自動車におけるリスクマネジメント」菅原正(日産自動車)

16:30-17:00       日本リスクマネジメント学会 会員総会

17:00-17:30       日本リスクマネジメント学会 理事会 評議員会

 

2015年9月18日(金)

-リジコポリティクの100年-

10:00-10:40       講演 「ライトナーのリジコポリティク理論の100年 100 years of Leitner’s Risikopolitik」フランツ・バルデンベルガー(DIJ)

10:40-11:00          ディスカッション ライトナー理論の現代的検討

11:00-11:40    ドイツ企業による講演「TuV-Sud におけるリスクマネジメント」

ディスカッション ドイツ企業によるリスクマネジメント

11:40-12:00         ディスカッション

12:00-13:30            昼食 (駅近辺の店・レストラン等をご利用下さい。)

 

-リスク・パラドックス-

13:30-14:00       上田和勇(専修大学)

14:00-14:30       奈良由美子(放送大学)

14:30-15:45       オルトウィン・レン(シュツットガルト大学) ビデオ講演 内容検討・質問作成

15:45-16:00                    休憩

16:00-17:30   インターネットによりレン教授を交えたパネルディスカッション

フランツ・バルデンベルガー 上田和勇 奈良由美子

17:30-                         懇親会(軽食) 無料

 

Symposium   100 years of Risikopolitik – Risk Paradox –

Co-organized by German Institute for Japanese Studies and Japan Risk Management Society

Supported by Social Risk Management Society, Kansai University Faculty of Safety Science

 

Date and Time : 2015 September 17 Thursday and September 18 Friday

Place :German Institute for Japanese Studies Jochi Kioizaka Bldg. 2F   7-1 Kioicho, Chiyoda-ku Tokyo 102-0094

Admission: 2,000 yen

 

September. 17 Thursday 2015

13:30 -15:40 Free subject presentations (presentation 15 minutes and Q-A 5 minutes)

“BCP and Community”, Hiroyuki Ishi (Shizuoka University)

“Risk and chance in Wine Business”, Mitsuru Ishibashi (Asia University)

“Issues on Business Succession”, Koichi Tsushima(Kaetsu University)

“Tourism and Risk Management”, Itaru Ishi (Ishi Brothers Co.)

“”Ethical problems of ‘risks’ in Japanese health care policy- using the example of Preemptive Medicine” Miki Aoyama (DIJ)

“Autonomy and deviation from value norms as predictors of well-being in Japan, Germany and the US“ Tobias Soeldner (DIJ)

15:50-16:30       Lecture “Risk Management at Nissan” Tadashi Sugawara (Nissan)

16:30-17:00     General Meeting of Japan Risk Management Society

17:00-17:30        Board Meeting of Japan Risk Management Society

 

Septemeber 18 Friday 2015

-100years of Risikopolitik-

10:00-10:40       Lecture “100 years of Leitner’s Risikopolitik” Franz Waldenberger(DIJ)

10:40-11:10          Discussion

11:10-11:40    Lecture “Risk management in the provision of industrial services – the case of testing and certification services of TUV Sud”

11:40-12:00          Discussion

 

-Risk Paradox-

13:30-14:00       Kazuo Ueda(Senshu University)

14:00-14:30       Yumiko Nara (The Open University of Japan)

14:30-15:50       Video Lecture by Ortwin Renn (Stuttgart University)

16:00-17:30    Panel Discussion: Ortwin Renn, Kazuo Ueda, Yumiko Nara, Franz Waldenberger

 

17:30-             Small Party (Free)